敬天愛鳥22nov後半

[127] 【Happy birding22】11月後半


2022/nov/26

足柄上郡

ハイタカ

 Accipiter nisus

♂32cm / ♀39cm 

タカ目 Accipitriformes

タカ科  Accipitridae

ハイタカ属  Accipiter

ハイタカ?オオタカ?

 

「ハイタカ」の幼鳥だと

思われる個体。

 

ハイタカの特徴

尾の付け根は厚くない

翼指部が大きい

ー オオタカよりも頸が短く頭が大きい

 

ハイタカの幼鳥の特徴 

成長よりも翼の後縁のカーブが顕著

 

久しぶりに猛禽類を観察できて

血が騒ぎました❗️

 


 ハイタカ (32〜39cm)

お見送りするハシボソガラス (50cm)

並ぶと、大きさがよく分かる。。。


2022/nov/27

足柄上郡

コガモ

 Anas crecca

カモ目 Anseriformes

カモ科  Anatidae

マガモ属  Anas

すっかり繁殖羽になっているコガモ

 

↑ 美しい羽の手入れのお時間

 

羽繕はづくろいの時

翼鏡 よくきょうを見せてくれるコガモ♂

  


↑ 翼鏡 よくきょう

 

カモの次列風切じれつかざきりにある

青や緑の光沢色の部分。

光を反射して美しい!  


  逆立ちの採餌をするコガモ ♂

 

 「フィールドガイド日本の野鳥」を

調べると (pg43)

コガモの足と嘴は「黒」になっている。

しかし、この個体の足の色は

どう見ても「黄色」  

 逆立ちの採餌をするコガモ

 逆立ちの採餌をするコガモ



 コガモ ♂

 

 コガモ ♀

 

コガモを観察していると、

「黒」の足色のコガモに

出会ったことがない。

水に濡れても黒く見えることもない。

灰色+黄色か、

灰色+緑といった

 ところだろうか。。。

 


2022/nov/27

足柄上郡

カルガモ

 Anas zonorhyncha

カモ目 Anseriformes

カモ科  Anatidae

マガモ属  Anas

↑ 嘴の上についているのは

ダニ ? ヒル ?

どっちでしょうか。。。


2022/nov/27

足柄上郡

アオサギ

 Ardea cinerea

ペリカン目 Pelecaniformes

サギ科  Ardeidae

アオサギ属  Ardea

一休みをするアオサギ。

足元の物体にご注目!

 

 アオサギが休む前に吐き出された

ペリットだろうか。

 


ペリット (pellet)

 

鳥が食べたもののうち、

消化されずに口から

吐き出されるものです。


2022/nov/27

足柄上郡

ダイサギ

 Ardea alba

ペリカン目 Pelecaniformes

サギ科  Ardeidae

アオサギ属  Ardea

ダイサギの若鳥の思われる個体。

瞬膜 しゅんまくが 透明である。

 


2022/nov/14

足柄上郡

モズ

 Lanius bucephalus 

スズメ目 Passeriformes

モズ科  Laniidae

モズ属  Lanius

動画 0:56 min


水浴び

 


2022/nov/14

足柄上郡

トビ

 Milvus migrans

タカ目 Accipitriformes

タカ科   Accipitridae

トビ属  Milvus

 川に着水し、何をするかなあと

見ていたら。。。

下半身を水に付けてから

直ぐ飛び立った。

意味不明の

超スピード水浴び」だった。

 


2022/nov/14

足柄上郡

シジュウカラ

 Parus minor

スズメ目 Passeriformes

シジュウカラ科   Paridae

シジュウカラ属  Parus

餌台にいつも一緒にくる

3羽のシジュウカラ。

慎重にヒマワリの種を選ぶ個体。

タネ選びの基準はなんでしょうかね。。。

 

 3羽の中の1羽のシジュウカラ。

この子の嘴にご注目!

「嘴の縁」が白っぽいです。

 


 

2022/nov/14

足柄上郡

イソヒヨドリ

 Monticola solitarius

スズメ目 Passeriformes

ヒタキ科   Muscicapidae

イソヒヨドリ属  Monticola

 イソヒヨドリ♀

いつ見ても羽模様はシック。

美しいです!!

 


 

2022/nov/19

足柄上郡

ハシボソガラス

 Corvus corone

スズメ目 Passeriformes

カラス科   Corvidae

カラス属  Corvus

秋冬に発生する「ユスリカ」。

とにかく、川の近くには多い!

 

散歩中にユスリカの大群が

頭の周りを飛び回ると、

不快感が増す。

 

しかし、ハシボソガラスは

あまり気にしないようです。

 


 

2022/nov/14

若鳥と思われるハシボソガラス。

それぞれの持っている雰囲気で

左が♀、右が♂

 

尾っぽの形にご注目❗️ 

キジバトの尾っぽ(下)

形に良く似ている。

偶然だろうか。。。

我が家のキジバト♀

Mamy

我が家のキジバト♂

Papy



 

2022/nov/18

大磯

ウミウ

Phalacrocorax capillatus

カツオドリ目 Suliformes

ウ科   Phalacrocoracidae

ウ属  Phalacrocorax

 大磯のアオバトに会えなかったのですが、

久しぶりに

ウミウ」を観察することができました。

腹側が白いので、

両方とも若鳥でしょう。。。

 


 

2022/nov/19

足柄上郡

カワウ

Phalacrocorax carbo

カツオドリ目 Suliformes

ウ科   Phalacrocoracidae

ウ属  Phalacrocorax

↑ しっかりグー状態で握って

電線に止まるカワウ

 

足の構造上、止まることが

できない鳥もいます。

例えば、カモ類は

前の3本指の間には

水かきがついているため、

電線に止まらない。

(止まることができない?)

 

しかし、

カモ類と同じ形状の足で

止まりにくそうですが、

「カワウ」は電線によく

止まります。

不思議ですね!

 

足柄上郡の電線によく止まる鳥:

(五十音順)

 

イソヒヨドリ

カワウ

カワラヒワ

キジバト

コサギ

ツグミ

ツバメ

シジュウカラ

ジョウビタキ

スズメ

タヒバリ

ドバト(カワラバト)

ハクセキレイ

ハシボソガラス

ヒヨドリ

ムクドリ

メジロ

モズ

 


2022/nov/20

足柄上郡

タヒバリ

 Anthus rubescens

スズメ目 Passeriformes

セキレイ科   Motacillidae

タヒバリ属  Anthus

今季の初見のタヒバリ。

「お帰りなさいませ❗️」

全長16cm(スズメよりやや大きい)

こんな小さい体で

毎年シベリアから渡ってくるタヒバリ。

地味な鳥でありながら、

一所懸命生きている姿が

輝きに満ちている。。。

 


 

2022/nov/16

足柄上郡

ホソヒラタアブ  (虫)

 Episyrphus balteatus

 

ヒイラギ (花)

 Osmanthus heterophyllus 

白い花の先は四つに裂けて反り返る

直径5mmほど小さく

葉の付け根に集まって咲く。 


 

2022/nov/14

足柄上郡

マユミ

 Euonymus sieboldianus