キジバトの優れた知恵

[121] Streptopelia orientalis  子育ての記録


ダウンロード
命を紡ぐ 2022
Streptopelia orientalis
キジバトの子育ての記録。

キジバトが見せてくれる優れた知恵と愛情表現に胸をときめかされる。
----------------------------
命を紡ぐ2022 Memo .pdf
PDFファイル 171.4 KB

2022夏 aug/4〜sept/4「命を紡ぐ」

キジバトの優れた知恵 

 

観察場所:足柄上郡

観察期日:2022/aug/4〜sept/4

平均気温:30°C(最高気温)23°C(最低気温)

営巣場所:パラナマツの枝  地上4.6m  

                 Araucaria angustifolia

抱卵開始日:aug/4

巣立った日:sept/4 - 9:12h

巣立った雛数:2羽



 

2022/jun/25

足柄上郡

キジバト

Streptopelia orientalis

左 Papy (♂) 右 Mamy (♀)

 


 

動画 [1:57分]

キジバト 

Papy♂ と Mamy♀の見分け方

「全画面モード」で

ご笑覧ください。

 

全画面表示ボタンをクリック



 

2022/aug/4

29°C(最高気温)22°C(最低気温)

営巣場所が決定。

パラナマツの枝

Araucaria angustifolia 

地上から 4.6m

[ 抱卵開始日 ]

 


2022/aug/13

28°C(最高気温)23°C(最低気温)

雨ー曇

雨でビショビショ。

体を膨らませて、

必死に卵を抱く Papy ♂。

 抱卵開始から10日目 

[ 孵化するまで後6日間 ]  


 

2022/aug/18

29°C(最高気温)22°C(最低気温)

雨ー曇-晴れ

Mamy ♀

[ 孵化するまで後1日 ]


 

2022/aug/19

29°C(最高気温)22°C(最低気温)

晴れ

孵化日❗️

生まれたてホヤホヤのヒナを

優しく給餌するPapy ♂


 

2022/aug/23

31°C(最高気温)25°C(最低気温)

晴れー曇ー蒸し暑い

Papy ♂

この時期 [8/19〜8/25] 

一日の抱雛 ほうすう時間数は 

Papy 8時間 

Mamy 15時間


 

2022/aug/24

30°C(最高気温)23°C(最低気温)

曇ー晴れー雨

Papy ♂の胸の下で

安心しきって寝るヒナ。

孵化して6日目

[ 巣立ちまで後11日間 ]


 

2022/aug/27

32°C(最高気温)24°C(最低気温)

晴れ

  すくすく成長するヒナたち

孵化9日目

[ 巣立ちまで後9日間 ] 


 

2022/sept/1

31°C(最高気温)24°C(最低気温)

雨ー曇ー晴れ

 あくびをするヒナ

孵化して14日目

[巣立ちまで後3日間]


 

動画 [3:28分]

巣の中を清潔に保つに

キジバトは優れた知恵を

明かしてくれた。

「全画面モード」で

ご笑覧ください。

 

全画面表示ボタンをクリック



 

動画 [3:09分]

キジバトの愛情表現



 

動画 [1:44分]

キジバトの♀も鳴く



キジバトの古巣について

 

キジバトは「古巣」をよく利用されると

言われるのだが、

筆者の観察では

巣の再利用は成功された古巣に

限ると思われる。

 

根拠

2021年11月に

Papy♂&Mamy♀は

パラナマツの枝(地上より3.6m位)

巣をかけ、無事に1羽の雛が

巣立った。

 

2022年3月3日に

また同じ場所(古巣)に

繁殖し始め、

3月7日に放卵開始され、

8日に1個の卵が確認できた。

しかし、翌日の9日の朝には

親鳥もその卵も見当たらなかった。

カラスの仕業だと思われる。

従って、2022年の春の繁殖は

失敗に終わった。

 

そして、今回の繁殖には

[2022年8月4日〜9月4日]

春に失敗された

古巣は使わなかった。

新たに、古巣より1m位 高い枝を選び、

同じパラナマツの反対側の枝

(地上より4.6m位)

巣をかけた。

その新しい巣は上からも、

左右側からも全く見えず、

ただ、筆者のベランダに面する側からは

丸見せである。

そして、巣への出入りも我が家の

ベランダの手すりから行われた。

 

筆者の仮説

 キジバトは繁殖に失敗された

古巣は2度使わない

 

 天敵の被害を防ぐため、

信頼きる人間の監視を利用する