敬天愛鳥22jul 後半

[118] 【Happy birding22】7月後半


2022/jul/27

 小田原

 

ウミネコ

Larus crassirostris

 チドリ目 Charadriiformes

カモメ科  Laridae

カモメ属  Larus

↑  第1回冬羽   

秋まで換羽すると第1回冬羽

 

 

上記の個体と同じかどうかは

不明です。

 


 

第1回冬羽 

だいいっかいふゆばね

「日本のカモメ識別図鑑」

   嘴は先3分の1が黒く、基部はピンク

   頭部は眼から後ろはチョコレート色

   眼から前方は淡色

   胸から腹は暗灰褐色

   下腹から下尾筒は白っぽく、

      暗褐色の班がある

 



 成鳥夏羽 と

思われるウミネコ。

換羽のようです。

 

成鳥は夏の終わりから翌春に

風切羽を換羽する。

初列風切10枚は

一番内側から外側に向かって

換羽する。

 

カモメ類以外でも

初列風切は同様の順で、

次列風切は逆に内側に向かって

換羽する種が多いと思われす。

 

(「フィールドガイド日本の野鳥」より抜粋)


 成鳥夏羽 

せいちょうなつばね

「日本のカモメ識別図鑑」


   虹彩は淡い黄色

△ 背の羽色は濃い

   嘴は濃い黄色で先端近くに黒帯があり、

△   先端と下嘴黒班の内側に赤班がある

   足も鮮やかな黄色

   尾羽には幅広い黒帯がある。

 



ミラー(羽先の白い斑点)がある個体

 


足の怪我でしょうか。。。

 


 

2022/jul/17

 足柄上郡

 

 シジュウカラ

Parus minor

 スズメ目 Passeriformes

シジュウカラ科  Paridae

シジュウカラ属  Parus

一生懸命餌を探す若鳥のシジュウカラ


 

2022/jul/11

 足柄上郡

 

 カワラヒワ

Chloris sinica

 スズメ目 Passeriformes

アトリ科 Fringillidae

ヒワ属 Carduelis

スズメがヒマワリの種を

食べに来るときは

カワラヒワは場所を譲ります。

スズメの方が強いのですね。

 


2022/jul/14

 足柄上郡

まとめて羽が抜けているので

何かの病気でしょう。。。

耳の位置がよく分かります。

結構な大きさですね。

 

単独で採餌していました。

 

カワラヒワやスズメは

単独ではなく常に

 グールプで行動する特徴があります。

 

以前も、病気っぽいスズメが

単独で行動しているのを

観察したことがあります。

 

 鳥たちは病気、怪我の時には、

集団から離れて

単独行動をする傾向よりも 

 病気や怪我では群れについて

行けなくなるとのことでしょう。

 

群れる理由には猛禽に

狙われにくいということ。

逆に群れから離れた個体は

猛禽が狙いやすくなるはずです。

 

 


 

2022/jul/14

  足柄上郡

 

 ハシボソガラス

Corvus corone

 スズメ目 Passeriformes

カラス科  Corvidae

カラス属 Corvus

若鳥と思われる個体が休息中。

 

 親が子に餌を与えているかのように

見えますが。。。

 

 しかし、よくよく観ると

両方とも若鳥ではないかと。。。

 

 その直後のこと。。。

「親の真似 ?」をしていた個体が

親 (?) の元へ

相互羽繕い (おねだり?)をし始めました。

 

Q. この三角関係の行動の意味は

何でしょうか。 

 


 

2022/jul/11

足柄上郡

 

ヒヨドリ 27.5 cm

Hypsipetes amaurotis

 

スズメ目 Passeriformes 

ヒヨドリ科 Pycnonotidae 

ヒヨドリ属 Hypsipetes 

下尾筒 (かびとう)

総排泄腔 (そうはいせつこう)


尾筒 (びとう)

尾羽の付け根部分。

上面を上尾筒 (じょうびとう)

下面は下尾筒 (かびとう)、と呼ぶ。

 

総排泄腔 (そうはいせつこう)

排泄物(糞や尿尿)、卵や精子が、

同じ穴から体外に排出される

器官のことである。

 


 

2022/jul/11

  足柄上郡

 

 ツバメ

Hirundo rustica

 スズメ目 Passeriformes

ツバメ科  Hirundinidae

ツバメ属 Hirundo

 ↑ 飛翔中でも

カメラを意識するツバメ


 

2022/jul/22

  足柄上郡

 

 ムクドリ

Spodiopsar cineraceus

 スズメ目 Passeriformes

ムクドリ科   Sturnidae

ムクドリ属 Sturnus

 おいおい。逃げるなよ〜!

 

 ほら、捕まえたぁ〜!

 

 さてさて、どこで食べようかなあ〜!

 


 

 マメコガネ

Popillia japonica


2022/jul/22

足柄上郡

 

ニホンアマガエル

Dryophytes japonica


 

 ヤブガラシ

Cayratia japonica

ヤブガラシの蕾 つぼみ

  

 ヤブガラシの花は

オレンジ色 からピンク色 に変わる。

からになっていく花であ

 

オレンジ色のとき

一日だけ雄蕊 おしべ 四つ伸びている

 

↑ 額がすぐ取れて、

真ん中のプッチとしたものが雌蕊めしべ

 

 ↑  雄蕊が終わって、

残った一個の雌蕊が段々と伸びて、

オレンジ色からピンクになり、

受粉できる状態になります。

 


虫たちのレストラン、ヤブガラシ !

 

ヤブガラシの花は小さくて、

地味な花ですが、

はなびらがないため、

蜜が吸いやすい。

従って、

たくさんの蝶、蜂や虫が寄ってくる。

 

花期は長く、7月〜9月である。

蜜源としてはとても良い花ですが、

あまりにも繁栄するので、

一部から嫌われる植物でもある。

 

花はオレンジ色 からピンク色 に変わる。

からになっていく花である!

 

オレンジ色の時は一日だけ雄蕊おしべ

四つ伸びている。

それから額がすぐ取れて、

真ん中のプッチとしたものが雌蕊めしべ

 

雄蕊が終わって、

残った一個の雌蕊が段々と伸びて、

受粉できる状態になります。

 

自花受粉 じかじゅふん

避ける仕組みは植物は持っている。

遺伝的に遠い種との

交流があった方が

良いとのことである。

 


ヤブガラシのつぼみに止まる

ハエトリグモ。

 


 

 マユミ

Euonymus sieboldianus 


 

 サルスベリ

Lagerstroemia indica